商標マークの効果と注意事項

商標マークはどんな意味があるのか?その効果は? - 商標マークの効果と注意事項

商標マークの効果と注意事項

a0008_001844
商標登録をしたものにはマークを付けることができます。
よく見かけるRのマーク、これは商標マークなのですが、どのような意味があるのでしょうか。

たまに見かけるRのマーク

Rのマーク、きっと見過ごしているだけで意外とあちらこちらで見かけることがあると思います。あれは何のために付けられているのかと思ったことがある人もきっと多いのではないでしょうか。会社名や商品名の隅に小さく付いているマークなのですが、意味がないわけではありません。れっきとした意味があります。そしてこのマークは誰でもつけたいときにつけることができるというわけではないのです。つけるためには意味があるのです。もちろんつけてもいいですし、つけなくてもいいという自由性はあります。

意味はなに?

これはRマークといいます。レジスタード、つまり登録されたという意味の英語の頭文字をとってRになっています。既に登録されている商品や名前であるということを証明しているロゴマークなのです。ですから商標登録されていないものには勝手に付けることはできません。登録されていないのにもしもつけたとしましょう。これはどうなるのかといえば、嘘を表示しているということで実は罰せられることになりますので、十分に注意が必要です。3年以下の罰金を支払うことになってしまいます。商標法の80条の虚偽表示の罪に問われますので注意しましょう。

どのような効果があるのか

具体的にはこれを付けることによって登録されているかどうかを証明するだけでなく、それ以外の意味もあります。小さいマーク、これは付けなくてもつけてもいいと自由になっていますが、つけても意味がないと思っている人も多いでしょう。しかしそんな意味がないということはないのです。効果は3つあります。不特定多数の人に登録商標だということを示すことができます。そして付けていない時と付けている時を比べると、真似されにくいという特徴もあります。勝手にあなたのアイディアやあなたの商品を使われることがないという特徴があるのです。そしてブランドづくりの一つということにもなります。

付けなかったときの失敗例

過去につけずに放置していたために、つけていたらもっと儲けることができたのに、付けるのを忘れてほかの人に使われてしまったということがありました。それはカラオケです。カラオケを最初に開発した人は、商標登録をしなかったんだそうです。もったいない話ですね。次に目をつけた人が登録をしたために、その人のものになってしまったとのことです。また、エスカレーターもアメリカで開発されてオーチス・エレベーターカンパニーが製造したエスカレーターが最初だったらしいのですが、商標登録をしなかったために一般名として知られてしまったために、今ではエスカレーターと付けて販売したとしても、オーチス社が魁ということを誰も知らないのです。

付ける際には注意点がある

Rマークをつけるときには注意点がありますので、その注意点を守らなければいけないでしょう。大事なものには全てつけないといけないと慌てても注意点を忘れてはいけないのです。例えば出願しただけの場合には付けられません。認められてこそつけることができるのです。登録された商標以外につけることはできません。登録したカテゴリーの事業には付けることができないというのも注意点です。
意外とルールや注意点があるRマークです。しかし自分の商品だと証明するためには必要なマークなのです。

PR:商標登録は専門家に相談しましょう[http://www.kaipat.com/trademark]

Copyright(C)2016 商標マークの効果と注意事項 All Rights Reserved.